私たち人間は、何かにすがって生きる癖がついてしまいました。

神様であったり、仏様であったり、宇宙人であったり、助けてもらえるのなら、何であろうと構いません。

私たちにとって都合の良い何かが、どこからともなく現れて、

自分を救ってくれると信じているのかもしれません。

それが、今の私たちには『ワクチン』ということです。

もういい加減に、私たちは気付いてもいいはずです。

私たちはまるで、与えられるものを、ただ口を開けて飲み込むだけの鳥のヒナと同じなのでしょうか。

いつまでも人間のヒナのままでいるのは、もうやめましょう。

本当は誰でもが、どこまでも自由に羽ばたくことが出来るのです。

本当に自分のことを救うことが出来るのは、自分以外にはどこにもいません。

私たち人間は、自分で考えて、判断して、行動する偉大なる生命なのです。

潮太郎

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です